現状維持が目標

50歳になった頃から、とうとう来た!という感じで、ほうれい線・シミ・しわが目立つようになってきた。5年で7kg太った分が顔・首にきっちり反映され、頬はたるみほうれい線はくっきり、フェイスラインはぼんやりし、首のしわも深くなった。若さに任せて思いっきり浴びた紫外線は、両頬骨の下にカラスの足跡を残した。

使い心地は評判以上!シルクリスタを使用した効果と私の口コミ!

美容に無頓着の私だったが、さすがにこれマズイと焦り、あのサプリがいいと聞けば飲み、この美顔器がいいと聞けば試してみたものの、元来の三日坊主、今も続いている物は何ひとつない。散財しただけ。すぐに効果を確認できないとやる気が続かないのだ。

とは言え、このままではマズイことには変わりないので決めた。お金をかけず、自分でできるケアをやってみよう。欲張らず、まずは頬のたるみ解消→ほうれい線を薄くするのを目標にした。で、やり始めたのが「ぱ・ぺ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ・ぱ・ぽ」を口を大きく動かして、ゆっくり100回言うこと。ぱ行の破裂音は顔の筋肉をよく動かすと聞いた。実際やっている途中から顔がじんわり温かくなり、言い終わった頃には筋肉が疲労している。

あとはリンパマッサージ。TVで紹介された通り、まずはリンパ液の流れをよくするために、両肩を前後に10回ずつ回し、鎖骨付近を手でさする。その後、手のひらで頬から眉間、首に向かってリンパ液を流す。個人に的に、これはけっこう即効性があり気に入っている。

そして50半ばになり、考えが少し変わってきた。たぶん何をしても劇的にお肌の状態がよくなることはない。そんな年齢なのだ。だから、10年後に現状維持ができていることを目標にした。そのために、せっせと「ぱ・ぺ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ・ぱ・ぽ」を言い、リンパマッサージをする毎日なのである。