月: 2021年4月

体重は減らすだけが健康じゃ無かった!

私は現在アラフォーの男です。記事のタイトルはダイエットとありますが、私の場合は逆で、体重が増えたことで健康になりました。http://www.cespim.net/

体重が増えたことで健康になったということを説明すると、私は現在体重が67㎏あるのですが、20歳前後のころは50㎏くらいしかありませんでした。

当時の私は、食べることが苦手で食事をあまり食べませんでした。

お腹がすいたらお菓子を食べたり夕飯はカレーなど、食事をその場しのぎ的な食べ方をしていました。

体系はというと体を支えるための肉がついていないので、体温が低く、背中は猫背で腰も弱く、階段を上り下りするのもつらいくらいだった、

疲れやすい体質だったと記憶しています。

低い体温に心地よく感じている自分があり、食べることに消極的でしたね。

そんな私も高校を卒業し会社で仕事をしなければなりません。工場での肉体労働でした。重い物を持ちます。

夏は熱く40度を上回り、冬は寒く立っているだけで鼻水がでました。

ある日こう思ったのです「体力がいる、体力が無いのは食べないからだ、食べなければ!」

そう思ったのが20歳半ばくらいでした。仕事をしなければならないので進んで食べるようになり、それまで食べることのなかった朝食も進んで食べるようにし、

自分で意識して背中や腰をまっすぐに、立って歩くようにしました。

脂肪が多いために体重があるの脂肪を燃焼して痩せるのはいいでしょう。

私の場合は体に肉が少なすぎるため、体力が無くて不健康だったのだと自覚しています。

特に女性の方で痩せたいと思う方は、無理に食事を控えるのもそれは健康に悪影響でしょう。

ダイエットをするにしても自分の体重の原因は何なのかを自分で理解してから、体重を減らす増やすの努力をするべきと思います。

40代の顔のテカリについて

私の肌の悩みは40代になっても油分の多い(顔)肌です。http://www.stall-bengtsson-kristoffersen.com/

スーパーのビニール袋はスムーズに開けられないのに…顔はいつもテカテカ。ファンデーションはすぐに崩れてしまうし、毛穴の開きも気になります。

よく言えば、常に潤っている感じなので、同年代の方と比べてシワはほとんどありません。

解決する為に色々と調べてみました。まず最初に分かった事は、テカテカの肌は乾燥している!これは驚きでした。テカテカするのが嫌で選んでいた基礎化粧品は、さっぱり系の物ばかりだったので、すぐにしっとり系の物に変えました。更に、それまでネーミングからすこし躊躇していた「エージングケア」物を取り入れてみることにもしました。

変えてみてびっくり!しっとり系の化粧水はどんどん肌に入っていくのが感じられました。肝心のテカリはと言うと、「テカリ」から「潤い」に変わっていました。

基礎化粧品に続き、ファンデーションも変えてみると、化粧崩れも今までより少なくなりました。

また、基礎化粧品を使う上で気をつけている事は「肌へのつけ方」です。洗顔、タオルドライ後、すぐに化粧導入液をつけ、手で優しくなじませたら、二分置く。その後、化粧水、乳液も同じようにします。肌に浸透させるためにほんの少し時間をかけて丁寧にするだけで肌に馴染んでいくのを感じられます。

これからもできる範囲で肌を大切にしていきたいです。

髪のパサつきシャンプーから乾かすまで

パサつき、うねり、くせ、シャンプーが原因では無いのか正しい方法、髪に良い食材をまとめました。http://bbboo.jp/

・シャンプー

自分の髪質に合うものを探す同じシャンプーをリピートしてる方が多いようです。まずは色々なシャンプーをを試してみて一番自分に合うものを見つけてみましょう。

・シャンプー洗うまで

38°のぬるま湯で1,2分の予備洗いが大事その後シャンプー泡立ちも良くなります。頭皮をゴシゴシでは無く優しく指の腹を使います。

・コンディショナー

シャンプーを充分洗い流し、コンディショナーは髪全体に馴染ませてから5分程置いてから洗い流しましょう。

・乾かし方

タオルで水分を取りドライヤーを髪から20センチ離し乾かしていきます。8割乾いてきたら冷風に変えましょう。

以上シャンプーから乾かすまで少し意識してみると髪の悩みも改善されていくでしょう。

ここからは髪に良いと言われる食材を紹介していきます。

主成分としてタンパク質、ミネラルが良いです。

・タンパク質

赤身肉、魚

・ミネラル

海藻類、レバー、大豆製品

まとめ

私も髪の悩みは尽きません。普段の生活、勉強、仕事、家事、子育て等それぞれ忙しい中一つでも実行してみて髪質の改善ができればと思います。

もうすぐ50になる私が思う事

20代前半まで日常的なメイクもせず、海にも行くにも日焼け止めも塗らず。。。

ふと気がつけば、「ん?顔色悪すぎ!!」

nicoせっけんの効果と私の口コミ!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

25歳くらいからやっとメイクをするようになりました。

でも直でファンデーションを塗るのみ。

化粧水も1000円以内で買えるようなもの。

乳液はべたべたになるからつけない!!

そして、30代に入りまたまた気になりだしました。

今度は、目尻に浮かぶシミ?のようなもの。

いやいや、しっかりシミです。

この頃からやっと使いだした「日焼け止め」

でも、匂いが苦手で使ったり使わなかったりを繰り返し、40代に突入。

この頃には、すっぴんで出かけるなんて絶対に無理!!

目の下にはクマあるし、目尻のシミもだんだんと濃くなってきてるし、

来年50代に入ろうとしている私は「なぜ、20代前半からお肌に気を使ってあげなかったんだろう?」という後悔しかありません。

シミだけではなく、目尻の小じわやおでこにふかっく刻まれつつある大きな横線。

もし、若いころから気をつけていたらこんな事にはならなかったのではないのだろうか。

でも、今更後悔しても何も変わらないので、これからは今以上酷くしないようにお肌には気を使って行きたいと思っています。

最近の肌荒れ事情について

しばらくぶりで執筆させていただきます。
肌荒れの場所は腰回り膝の裏側、首筋など。所謂、肌の柔らかいところなのです。冬の間空気が乾燥して肌に潤いがなくなり痒くなってしまうのです。
要は歳をとって若いときと違い肌がガサガサになっている状態です。ひどい時は粉を吹いてしまう有様。信じられないでしょう!

http://www.simonkirkfineart.com/

そこで対応策としていろんな軟膏を試して見ました。アロエ、馬油、ニベア、ヒアルロン酸入りなど何が効いているのか解りませんが、つけないよりかは
宜しいみたいです。風呂上がりに軟膏を局所につけると効果がさらにUPします。これはあくまでも外からの対策ですが、実は体の内側つまりは食事療法はいかがな
ものか試してみた。

まずはチョコレート(抗酸化の高いカカオポリフェノール)を毎日たべてみる事にこれについては甘くなくどちらかと言うと苦いチョコレート
なので私には続きませんでした。つづいてビタミンCを摂る為、毎朝レモンを搾って(レモン1個は多いので)半分に切って飲むことにしました。これは長く続いたのですが、

肌荒れは解消してきたのですが酸でしょうか「胃」がやられてしまい、これまた断念。最終的には何でもそれだけに固執してしまうことは体のどこかに負担をかけてしまうのです。

要は朝昼晩の3食をある程度同じ時間にしっかり摂り、毎日睡眠をとり、栄養のバランス(13種類ぐらいのおかず)をとる事が一番重要だと解りました。